読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fallingdowndowndown

うつ気味アラサー♀の人生墜落ブログ

ひこうき

きぃぃぃぃいいいいん。

 

えーと。結局sta travelには行きました。1時間半ほどお姉さんとあーでもないこーでもないとか言って、親に電話して聞いていいって言われたから

(親がお金を出すからね)、親に電話するふりしてH.I.Sに電話w

んで値段的にstaの方が安かったから仮予約してたのキャンセルしちゃって。

なんてアホだったんだろうとすごく悔やむけど。

でもstaの日程聞いたらちょっと朝早いしなんか成田で乗り換えだし、名古屋-成田を乗らずに直接成田に行ってもいいのか聞いたら

たぶん全部キャンセルさせるから無理って言われて。

もっかい親に(ry、仮予約してたのは日付変更可能なやつだったんだけど、なくなってて、ってか高くなってた。

とりあえず日付固定の仮予約してもらって。

でもそれは14日の夜マンチェに戻ってくるからもし14日にテストがあったらアウトなわけで。まあ値段は100くらい安くなって£648だったんだけどね。

skyscanner見てたらフィンエアーのが時間が一番よくて。でも£777(英語版)か£758(日本語版)。

しょうがないからH.I.Sで13日で押さえなおしてもらおうと思って電話、本日3回目w

そしたらなくなってて帰りが成田で乗り換えとかstaと同じことになってて。もう最悪すぎ。

しょうがないのでそのままExpedia(skysccaner経由で飛ばされた)でフィンエアーを予約。これ以外は全部ルフトハンザ。マイルカードもルフトハンザ。

フィンエアーoneworldだからルフトのマイレージカード使えねえんだよなー。くそー。

ルフトのカード申し込む時に一緒にJALのも申し込んだのになぜか届いてないまま放置。

Brightonにいたときのだから大家さんにもしかしたら届くかもって言ったら快く「届いたらちゃんとメールで教えてあげるね。

マンチェにいるからブライトンに遊びに戻ってくるまで取っといてあげるし。」って言ってくれた。

けど音沙汰なし。

あーあ。ソックス元気かなー。超会いたい(ノ△・。)

彼女は白足袋のそれはそれはもう美しい黒猫ですた。だからソックスって名前らしいwいたずらっ子だったよー><

 

あと今日はInternational societyのHospitalityっていう現地家族が無料でおもてなししてくれるのの顔合わせに行ってきました。

マンチェではじめて韓国人の子に出会ったョ。日本大好きって言ってくれていい子だった。領土問題も話題に出なかった。笑

そこで年配の優しそうなホストマザーにあって、なんかnot happyなの?とか聞かれてw図星ww

そういうところとかがよくブライトンのときのホストマザーにすごく似てて。ちょっと思い出し泣き。

もう彼女も別に死にかけってわけじゃなかったけど色々がたはきてて。ソックス家に移る時にすったもんだあったけど気にかけてメールもくれて。

その時もクリスマスは日本に帰ったからそれが最後に会った日だった。

もう2年も会ってないのか…。引っ越すってなったとき、夏まで一緒に住むんだと思ってたわ!とか言われた時は本当に申し訳なかった。泣いたしw

手料理もおいしくて優しくて大好きだったけど。ソックスとも出会えたし大家さんカップルもめっちゃいい人だったし。

何より自炊じゃないと日本食レストランのバイトにはつけなかっただろうし。

ホストマザー料理大好きだったから晩御飯とかまかないで済ませたとか言ったらそれこそ悲しませることになったはず。

だから引っ越したのは間違いじゃない!!!と思い込んでなんとか正当化。

 

今なら喜んで彼女の家に行くだろうと思う。

 

つまるところは自分と関わらなかったらみんな幸せだっただろうにっていう思考になってしまうんだよなあ…。

まあそんなこと言ったら誰だって会えてよかったって言ってくれるんだけどね。

自分だって友達がそんなこと言ってたら会えてよかったよって言うし。

だからこんなこと言う方が余計に誰かをunhappyにしてしまう。けど自分の場合は違うって信じ込んでるのも事実。でも言えない。余計に閉じこもってしまう。

 

もうどうしたらいいのかわからない。

 

 

…ってなんかいつの間にか鬱になってるし。

ようはホストマザーのことを思い出したんだよってこと!!

ついでにメールも送ってみた。Week6は授業がないからBrighton訪れてみようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ