fallingdowndowndown

うつ気味アラサー♀の人生墜落ブログ

キューブ

何やらブログ村の方でホラー映画トーナメントとかいうのがあったので参加すべく書いてみる。

観た映画:キューブ

英語&途中参加だったから最初よくわからんかったんだけど

斜めになってる画面を必死に字幕(も英語だけど)追ってったらなんとなく理解できてきた。

何これネタばれしていいん?

とりあえず、製作背景としては登場人物が全部で8人だかかつセットも1つだけで作ったらしい。

制作費がなかったんだとか。

監督名とかも興味ないからしらんけど、感想は面白かったよ。

作品の背景は、なんか知らんがいつの間にか立方体の部屋の中に6人の男女が閉じ込められている。

各面に1つずつ計6個のハッチ式の扉がついてて自由に開閉できる模様。しかし出口はいったいどこなのやら。

もちろん隣同士の部屋も自由に行き来できる。

が、

必ずしも行った先の部屋が安全とは限らない。最悪の場合死に至るらしい。

これは見終わった後に気になって調べただけなんだけどどうやら扉開けて覗いてるだけだと罠があるかどうかは判断できないんだって。

だから誰かが入って確かめてみないといけない。さてさて、誰が行くのか。

ここで登場人物。名前忘れたからぐぐってください。笑

あと完全なる個人的な偏見交じりの感想。

黒人:リーダーっぽい。男。30代か40前半くらいだろうか。そこそこ見れる顔。でも髪型が変だった記憶が。元警官らしい。作中では奥さんに逃げられたとホロウェイにあざ笑われてました。自分勝手な性格です。

ホロウェイ:白人のおばさん。ナース?かなんか医療関係だったらしい。のでのちに出てくるカザンとかいう頭いっちゃった男の付き添いみたいになる。黒人とは意見ぶつかりあってて仲悪い。

レブン:数学科の女の子。大学生らしいだけあって若い。なんか知らんが彼女のメガネがキーアイテムのようです。そこそこ美人さん&彼女の計算能力のために後にあわわわ・・・。

ワース:作中で本名っぽいの言ってた気がしたが忘れた。男。黒人よりは若いと思われ。キューブの外観を設計したらしいが依頼人とは電話でしかやりとりしておらず何もわからないし興味もなかったのだとか。とにかく何事につけてもやる気にかけてる模様。

カザン:途中から合流ってか天井のハッチ開けたら落ちてきたちょっと狂っちゃった男。そこそこ若いのではないでしょうか。たまに奇声を発する。黒人にお荷物扱いされるもホロウェイがかばってくれる。ただのキチ○イかと思いきや天才と馬鹿は紙一重ってやつですね。

あと2人いるらしいがよくわからんので調べたことをば。

レン(?):いくつもの刑務所を脱獄してきた凄腕()の犯罪者。何やら初期の段階で死んだ模様。色々あってみんな最初の部屋に戻ってくるんだけどその時に顔に溶けたような穴が開いていた死体だと思われ。死因が気になるんだけどぐぐっても出てこないのです・・・。とりあえずただのかませ役だった模様。

?:本当に知らん。調べた限りではレンよりもかませ役で最初の描写で罠にかかって死ぬそうです。

こんな感じか。

ではストーリーに移ります。てかだいぶ長く書いてるしさっくり。

いつの間にか閉じ込め

   ↓

とりあえず彷徨うも途中でレブンが部屋ごとにふられている番号に気付く

   ↓

その数字から憶測を立てて行動するも最初は全部まとはずれ。

(ここで黒人がピアノ線の張り巡らされた部屋に入ってしまって足とか腕とか怪我しつつもギリギリ生還)

   ↓

その後さらに徘徊後一番端っこに到着した模様。ホロウェイがみんなの服をロープにして外側の様子を見に行く。

と、ここで重みに耐えかねてみんなで支えてたつなぎがああああああーーーーーっと!!

黒人が飛び込むようにしてハッチの外に飛び出しそれをワースとレブンがぎりぎり足を捕まえてセーフ。

(ところがここで二人の仲たがいが原因で黒人が無情にも手を離す。ホロウェイさん死亡)

   ↓

なんだかんだで部屋番号の謎を解く。キーは素因数分解

(今度はカザンが驚異的な計算能力を発揮して3桁の数字を素数をどんどん問いていく。ちなみに別の検証系ブログによるとカザンの答えは間違ってるらしい。笑)

   ↓

ここらへんかそのちょっと前で黒人さんがおかしくなる。自分でよくわからん仮説を立て必要なのは自分とレブンのみという結論に。レブンを無理やり隣の部屋に連れて行きここでゆっくり計算しろと言いつつなんと襲おうとしてきた!!キャー!!←

なんかワースもやめさせようとしたら持ってたブーツでたこ殴りにしてワース耳から血が出てるし死亡フラグか?!

   ↓

しかし耳から血はただの演出で死ぬ気配はなかった。

かつ3人で黒人をなんとか別の部屋に置き去りにし、カザンの計算でどんどん罠のない部屋へと突き進んでいくご一行様。

   ↓

出口のある部屋に近づいているせいか周りの部屋も動いているような音がしてきます。そしたらカザンが部屋を移る前になんと部屋が動いてしまった!!が、そんなに遠くに行っていなかったので回収成功

   ↓

そしてついに出口のある部屋へ!

そこはなんと自分たちが最初に閉じ込められていた部屋だったのです。

(ここでやる気ない症候群発動。脱出できても自分には生きる意味がないからなどとのたまい座り込む。そこへレブンが一緒に生きようとまさかの結婚フラグ。)

ハッピーエンドかと思いきや?!

なんとここで引き離した黒人さんがどうやってか傷だらけになりつつも追いついてきた!!

しかも手に持ってたよくわからんとがったのでレブンの心臓を背後から一突き。レブン死亡。

この時カザンはすでに出口をくぐりかけだったので黒人が行こうとしたら愛するレブンを殺されたワースが黒人の足をつかむ!!

出口と部屋の間で力む黒人さんだったが無情にも部屋は動き始め・・・。

最後は光の向こうへ消えておしまいです。

途中ちょいグロもあるので苦手な方はご注意を。ネタバレは反転で見えるはず。

長くなったからこの辺で!

明日はイギリスはパンケーキの日だそうです。

パンケーキのパンはパンに似てるからじゃなくてフライパンのパンなんだよ。パンは英語だとブレッドだよっていうね。そんでスペイン語クラス第2回目。どうなることやら・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ